ハーブティーとは薬理効果、アロマテラピーが期待

ハーブティーとは

ハーブティーはさまざまな薬用植物を乾燥させ、成分を提出したお茶にしたものです。

「自然が生み出した薬」「⻄洋の漢方」とも呼ばれているほど、多くの効能を含んでいます。
ほとんどのものはノンカフェインなことも特徴です。

1.種類のハーブから作られるものを「シングルハーブティー」。
複数のハーブを飲みやすくブレンドしたものを「ブレンドハーブティー」と呼びます。

ハーブティーは種類によって色や味、香りが異なります。たとえば、カモミール、レモングラス、ペパーミントなどのハーブをお茶にしたものはすべて「ハーブティー」と呼ばれます。

ハーブティーの効果・効能

ハーブティーは「自然が生み出した薬」だと言われるほどの効果・効能を誇ります。

主な効果は2つ。
・香りによるアロマテラピー効果。
・そして飲むことによって身体の調子を整える薬の理効果です。

アロマテラピー効果

ハーブティーは、ハーブの有効成分を含んだ香りをかぐことで、自律神経を整えるアロマテラピー効果が期待できます。
お茶を入れたときに立ち上がる香りが、鼻から脳へ到達することで自律神経へ有効的に働きかけます。
そのため、リラックス効果や、ストレスを軽減させたりする効果も期待できるのです。

身体の調子を整える薬理効果

ハーブティーは、ハーブに含まれている成分によって、身体の調子を整えてくれる薬理効果もあります。
ハーブから、タンニン・フラボノイド・ビタミン・ミネラルなどの水溶性成分や栄養が溶け出し、消化管から体内に吸収されます。

効果はハーブの種類によってさまざま。

例えば、

  • ペパーミントは胃腸を整える効果。
  • ハイビスカスは美白や疲労回復効果。
  • カモミールはリラックス効果などが期待できます。
  • 今日は胃の調子が悪いからスッキリできるペパーミントにしよう
  • アンチエイジングのためにハイビスカスティーを飲もう
  • 寝つきが悪いからカモミールを飲もう

など、求める効果によってハーブティーを飲み分けることがおすすめです。
当サイトで紹介しているシングル・ブレンドハーブティーの解説を参考にしてみてくださいね。
まずは心やからだの悩みを知り、自分のからだにあったハーブティーを見つけてみることから始めましょう。
3ヵ月ほど飲み続けることで、体質の変化や効果を感じられるようになりますよ。

ABOUT UShearTEArthについて

オフィス

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6F

TEL:03-4360-5060  FAX:03-4360-5001

CONTACTお問い合わせ

ご意見・ご質問などは、
下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

は必須項目です

お名前
ふりがな
電話番号
E-mail
お問いわせ内容
PAGETOP